2020年8月3日月曜日

犬島セーリングテスト

犬島でセーリングテスト
南側の浜。
ニンバスリジッド艇、テルクワとルータスにも取り付けしました!
艇にもよりますが、今回はデッキの角度がちょうどよく、標準のクルーソー用にストラップを伸ばす、Dリングをデッキにつけるなど、少しだけのアレンジで取り付け出来ました。

2020年7月18日土曜日

ライトセール1.0 初納品

クルーソー460ユーザーのお二人にライトセール1.0+ラダーの初納品がありました。セールに黒のラインとロゴマークを入れるスペースが欲しいということで、特別にデッキ布と同じ材質を縫い合わせています。
 ブームに付けた白いスペースに後でお客様がロゴを入れられるそうです。
 バテンは試作品の時の竹からセール専用のFRPバテンに変わりました。根本は補強布を1枚足し、回転金具も少し改良し、取り付けが簡単になりました。
左、組み立て状態、右 分解状態

2020年7月6日月曜日

ハイバックシート

 腰痛持ちのお客様からハイバック版の座席シート製作の依頼で特別制作しました!
座ってみると、腰が楽です。腰痛持ちの方にお勧めです。
ハイバックシート

内部のFRP板も型を修正し、10cm高くしています。上に重ねているのがノーマルのFRP板。
ノーマルシート

2020年6月22日月曜日

クルーソー460XPOD RUDDER 西表島

ラダー付きクルーソー460XPODの写真を送っていただきました!
西表島

2020年6月18日木曜日

新型LITEPOD

2020年新型モデルLITEPOD
部品構成
LITEモデルと同じくバウフレームアッセンブリー、スターンフレームアッセンブリー、キール、それにシーソック付きのコックピットポッドのフレーム構成になります。それぞれのフレームアッセンブリーはショックコードでつながっており、上に持ち上げるだけでだいたい接続され、メインフレームはバウ、スターン、キールのわずか3つの構成なので、迷わずに組み立てできます。
コックピットポッドは収納時、底にフレームがなく大きく膨らむので、コックピットから船体布、フレームなどの部品を乱雑に簡単に入れることができます。
 コックピットポッド底にはベルクロがついており、カヤックとして使用時はキールに接続し、収納時はショルダーハーネスを接続できるようになっています。
背負うこともできます。
コックピットポッドの後ろ側のアルミリブにホイールアタッチメントを差し込むと
 いつものホイール付き収納バッグになります。消耗を防ぐため、立てたときに底に当たる部分のシーソック内部に10㎜フォームを縫い付けてあります。

2020年6月17日水曜日

クルーソー460LITEPOD・ライムグリーン

2020年モデル新型LITEPOD完成 
クルーソー460LITEPOD・ライムグリーン


次の投稿で詳細を説明します。


2020年6月13日土曜日

ラダー後付け

海外に発注していたラダーの部品が入荷したので、オリジナルラダーの後付けも受付を始めました。後付けもカヤックと同時注文も同じ価格です。後付けには船体布とシーソックを送っていただく必要があります。また、旧コックピットポッドへは調節がしにくく取り付け不可です。XPOD、LITE、ハイブリッド、トランスフォーマーはOKです。タンデムはラージサイズのラダーブレードがまだ届いていませんが取り付けOKです。また、通常のカヤック本体製作の間に入れるので、現在2カ月半程度はかかります。(船体布とシーソックはそのタイミングで送っていただければ大丈夫です。)写真はクルーソー460XPODへの後付けで沖縄へ発送しました。

LITEPOD1号艇はもうすぐ完成で、そのタイミングで詳細を紹介します。

2020年5月30日土曜日

カヌーワールド西沢氏のホームページ

カヌーワールド・ディレクター西沢氏のホームページでセールキットの開発過程など、紹介されています。西沢氏の発案から始まったセール開発プロジェクト、ようやく商品化間近になりました。

カヌーワールドVol.20発売

カヌーワールドVol.20発売中

2020年5月27日水曜日

ミニ試乗会

緊急事態宣言も解除され、久しぶりのミニ試乗会。セイリングクルーソー試乗希望の方が試せるように風の予報を見ながら日程調整し、うまくタイミングを合わせることができました。

2020年5月15日金曜日

苅屋~相生 カヤックセイリング・新型LITEPODテスト

セイリングキットの改良、2020年新型モデルLITEPODのテストにいつもの苅屋~相生に行ってきました。今回は電車移動も入れてのONEWAYツーリングです。
スタートの苅屋の岸壁。本体、ラダー、セイルのフルセット組み立てでどのぐらい時間がかかるか。急いで18分でした。本体8分ぐらいなので、ラダーとセイルで余分に10分ぐらいかかっていました。一見XPODに見えますが、新しい発想のコックピットポッドでLITEPODというモデル名です。

 セイリングキットも少し改良を加え、デッキ布が傷まないように丸形FRPプレートにPVC布カバーをしてマストはグラスファイバーパイプに、ロープストッパーはデッキ前の丸形プレートに固定してしっかりと留めれるようにしました。


しかし風予報に反してほとんど風が吹かず、時速3kmという超低速で進む。途中ブシューという音が何度もする。スナメリの呼吸音かも。超低速のセイリングはパドリングよりもさらに静かでほぼ無音で進む。カヤックの低速セイリングは最も静かに海を楽しめる移動手段かもしれません。
相生湾の入り口辺りでようやくいい風が吹いてきました。風は強いものの追い波でちょっと不安定な進み方でしたが、セイリングだけで時速7km、パドリングと組み合わせると時速10kmぐらいを維持できる場面もあり、なかなかスリリングな体験が出来ました。強風でもベースはしっかりとブレなくマストを支えています。
 相生ペーロン城で上陸し西相生駅から姫路駅へ。一時期と比べるとだいぶん人の動きが戻ってきていました。

2020年5月12日火曜日

セイル2020

マストの船体への取り付け部分を改良し、セイリングキット完成までもう少しの所まで来ました。風速5m/sぐらいでしたが、このぐらいの風があるとラダーと組み合わせれば十分セイリングだけで(クルーソー460で4~7km/hぐらい)移動できます(追い風から横風限定)。パドリングも同時にできるので、組み合わせれば力をあまり使わずに、より速く移動できます。

2020年4月28日火曜日

兵庫県新型コロナウイルス感染症対策 休業のお知らせ

兵庫県では4/27~5/6の期間中、新型コロナウィルス感染症対策として小規模アウトドア用品店にも休業要請が出されたことから、弊社もこの期間中、工場併設店舗は休業いたします。 

2020年4月11日土曜日

クルーソータンデム460・ビビッドグリーン

クルーソータンデム460・ビビッドグリーン
 光沢のあるデッキ布を使用しています。


デッキ布に合わせてロゴマークも特別に明るいグリーンというオーダーで、久しぶりにシルクスクリーン印刷しました(通常は外注)。緑、黄色、白インクの割合を調節して何度か印刷し、ちょうどいい色にできました。