2024年5月16日木曜日

収納時のシーソック前部分のまとめ方

 XPOD収納時、シーソック前側の布はそのままストラップで締め付けるとちょっとずれたりきれいにまとまらないことがありますが、シーソックのフットブレイス位置固定用ベルクロの間にストラップを通すと位置が安定し、きれいにまとめることができます。





2024年4月30日火曜日

クルーソー415XPOD・イエロー

 クルーソー415XPOD・イエロー

バウ側ではなくスターンにDリングを追加しています。

2024年4月29日月曜日

フィールド写真 中禅寺湖と男体山

フィールド写真を送っていただきました!
中禅寺湖と男体山(日本百名山)
クルーソータンデム460

2024年3月13日水曜日

2024年モデル クルーソー500スターンリブ、ラダー改良

 これまでもオプションによりクルーソー500のスターンリブ2枚仕様に対応していましたが、2024年モデルよりスターンリブ2枚仕様が標準になりました。また、エアチューブをスターン側に35cm延長することにより、スターン側の船体布の張りを増し、後方からの水圧に強くなりました。


ラダーはペダル回転軸をチャインフレームへの4点クリップ取り付けに変更し、強固に固定できます。サイドにはプレートを取り付けてエアチューブがペダルに干渉するのを防ぎます。ペダルを前方向に引っ張るショックコードも短くまとまり、荷物と干渉しません。

ラダー自体のスターンエンドへの取付も少し変わりました。これまで船体布にもともと縫い合わせてある2本のストラップによりフラップの折り曲げも合わせて取り付けていましたが、もう1本ラダー側に追加することにより、船体布の2本のストラップはフラップには関係なくラダー固定専用にし、付け足したストラップでフラップを固定するようにしました。よりブレのない固定ができます。

クルーソー500XPOD+セーリングコンビネーション

クルーソー500XPOD+セーリングコンビネーション

 

2024年3月9日土曜日

kayak 誌 五島列島

島根・隠岐の島、Nature Guide 遊び屋の森山氏がクルーソー500XPODを使用して仲間たちとともに平戸から出発して五島列島を1周した300㎞の旅がkayak誌に掲載されています。

2024年2月29日木曜日

クルーソーXPOD、LITEフレーム共通化のお知らせ

 クルーソーLITEモデル(バックパックに収納・シーソックなし)のフレームはこれまでクルーソーXPOD(シーソック内に収納・バックパックなし)のフレームとは異なる構造を採用していましたが、XPODフレームの収納方法の工夫により、これまでのLITEモデルと同等サイズでバックパック内に小さく収納できるようになったことから、2024年モデルよりLITEモデルもXPODと同じフレームに変更することにしました。

フレーム共通化により、部品管理が簡素化、コストも抑えられ、また部品の追加購入により、XPOD→LITEやLITE→XPODと使い方を変えることができるようになります。

XPODフレームのバックパックへの収納方法

1・コーミングとボトムフレームの分離



2.ボトムフレーム、船体布、フレーム、コーミングの順に入れる。



2024年2月28日水曜日

フォールディングカヤック本体価格改定のお知らせ

 価格維持のための努力を続けてまいりましたが、歴史的な円安などによる原材料の高騰が改善されず従来の価格を維持することが困難となり、2024年3月1日以降受注分よりフォールディングカヤック本体の価格を材料費高騰分相当改定いたします。

シングル艇は昨年より+1万円(税込+11000円)、タンデム艇は+2万円(税込+22000円)となります。その他の商品につきましては価格変更はありません。

何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2024年2月2日金曜日

2024年1月29日月曜日

フィールド写真 波照間~西表島、竹富島

 フィールド写真を送っていただきました!
波照間島から西表島










クルーソータンデム460シングルボトムリブ使用
フィールドレポートにも掲載しました。

2024年1月6日土曜日

謹賀新年 2024

 謹賀新年2024
旧年中は大変お世話になりました。ありがとうございます。
今年もすでにいろいろな遠征計画をお聞きしていて楽しみです。また新たに取り組む課題をいろいろいただいており、全力で進んでいこうと思っています!
本年もよろしくお願いいたします。